転職希望者の増加!!?転職で失敗しないためには‥

◇転職希望者の増加!!?◇
転職で失敗しないためには‥

 

今日本はアベノミクス戦略よって
株価の回復・急速円安が推し進められ、
メディアでは、景気が既に良くなったかのように
報道をしていますが、実際にその景気回復の情報に踊らされて
転職をしてしまうとどのようなことが起こるでしょう。

転職

 

2013年3月の段階で、転職求人倍率は前月2月の1.37倍。
転職希望者が前月より2%と増えており、
転職希望者は過去4年で最多です。

 

 

しかし、求人数が横ばいのため、
実は転職希望者が転職しようとしても、
企業が採用をしてくれない状態。w

 

 

景気回復の雰囲気を受けて転職活動が活発化しても
採用枠がなくては元も子もありません。

 

では、何も準備なく転職してしまうとどうなるか?
転職失敗談をまとめました。

 

 

 

 

◆転職失敗談をまとめ

 

転職

・安定な大企業に転職成功!!
しかし、合併吸収で不安な毎日に一転…

ボーナスすら不確かながベンチャーで6年勤め、
安定を目指し大企業に転職したが、入社早々会社が吸収合併!
転職前より不安な日々を送る羽目に・・・

・・・タイミング悪すぎw

 

 

 

・給与が変らないはずが
経験不足を理由に値切られた…

転職の募集要項にはあったモデル給与は、前職の給与とほぼ同じ。
しかし、いざ転職すると「経験が足りない」と、かなり値切られてしまった…

・・・給料って値切られるものなんだ!!

 

 

 

・安定を求めて転職!経験不足が明るみに。
でも、頼る人がいない…

安定・年収アップを夢見て転職。
小規模の会社でシステム担当者は私1人。
頼れる上司や先輩は一人もいない。
日々の運用や新システムの企画など全て抱え込み毎日深夜残業。
土日も休めない状態に陥ってしまった。

・・・いなくなってから先輩社員の偉大さを実感

 

 

 

・収入の不満からベンチャーへ転職!!
一度のミスで年俸が激減…

仕事にやりがいはあったものの、
収入への不満から実力主義ベンチャーへと転職。
しかし、一度のミスから経営者に嫌われ、
年俸が激減してしまった。居心地最悪。もう辞めたい(笑)

・・・野球選手みたいな実力主義ね

 

 

 

・残業を嫌い転職!実情は家に持帰り残業…

サービス残業が多く嫌気がさし転職。
労務がしっかりしていると企業を選んだはずが、
実際転職すると、みんな家に持帰り残業状態。はぁ↓

・・・何事も内部に入らないと分からないもの!?

 

 

 

・常識のない年下上司に毎日イライラ

転職したら、上司が年下。
ビジネス面はまだしもあまりにも非常識でイライラ。
上司は上司で、私の方が職歴は長いので、萎縮しているし…

・・・威張られた方がまし??

 

 

 

・人と接する営業に転職したが、
接客のストレスで体調を崩した…

日々の残業とパソコン相手の仕事に嫌気、
人と接する仕事をしたいと営業職に転職。
しかし、転職してみるとイメージとは全く違い飛び込みで営業の日々。
契約を取らないと会社にも戻れない雰囲気‥・

・・・自分の向き不向きをしっかりと認識しないと

 

 

 

面接で「できます!」と答えて転職成功!
実はできなかった…

未経験分野でも「できます!」と嘘をつき転職成功。
転職後、言った手前、弱音も吐けずパニック状態。
新しい同僚からは白い目で見られている。もうここにはいられない…

・・・「できます!」と言わないと採ってくれないのも実情

 

 

(出典:転職は@type,転職応援サイトのイーキャリア,
リクナビNEXT[転職サイト,@IT自分戦略研究所,DODAの転職成功ガイド)

 

 

 

◆転職で失敗しないためには!!

 

・転職した経験者に話を聞く。
・将来のビジョンをしっかりと見つめなおす。
・何のために転職するのかを書き出してみる。

 

 

 

まずは簡単にできる、
「転職に向いているか」を診断をしてみましょう!

⇒転職診断へGO

 

 

 

 

求人数が横ばいとは言いつつも、
今年3月から各社が積極的に中途採用を行っているのも事実!
景気回復への期待感が、人材の確保にも向いている様子です。

 

 

リーマン・ショック後、就職氷河期で就職した
20代前半~半ばの「リベンジ転職」が増えており、
企業側も、第二新卒の採用が活発化!!
ある意味大きなチャンスなんです!!

 

 

とは言いつつも、転職は生涯年収を
押し下げると言うのもデータに出ている事実。

 

 

人生は一度きり!
しっかりとライフプランニングすることをオススメします。

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す