実写版『魔女の宅急便』 キキ役の小芝風花とは??

◇実写版『魔女の宅急便』 キキ役の小芝風花とは??◇

imagedas

宮崎駿監督スタジオジブリ作品でおなじみ
『魔女の宅急便』実写版が来春映画公開される。

 

原作者、作家の角野栄子さん(78)の『魔女の宅急便』は
児童書として、発刊され、今回が初めての実写映画化だ。

『魔女の宅急便』角野栄子さん
ダウンロード

ジブリファンには目が離せない『魔女の宅急便』最新実写映画化は
今、SNS(Facebook・Twitter)で話題の的となっている。

 

『魔女の宅急便』の主人公、キキ役には、
女優の小芝風花(16)が抜擢された。

 

images majyo

「小芝風花」という名前を初めて聞いた人は多いだろう。
今回キキ役に選ばれた、小芝風花は、2011年に行われた、
武井咲(19)の妹キャラ選抜オーディションで、
35390人の応募者の中から、グランプリを受賞した少女だ。

 

 

『魔女の宅急便』実写化の原作は、全6巻に及ぶ児童書で、
世界8カ国で翻訳されている。

 

 

1989年にスタジオジブリ宮崎駿監督(72)がアニメ映画化
したことで、脚光を浴びたが、今回の『魔女の宅急便』実写版と
スタジオジブリは無関係。

 

監督はサイコスリラー『呪怨』が
代表作として知られる、清水崇監督(40)。

 

 

ジブリ映画同様、13歳の魔女見習いキキが、
色んな人達と出会い、成長していく姿を描く。

 


 

『魔女の宅急便』と言えば、
クロネコのジジも忘れてはならない。
しかし、現状、ジジ役をCGにするのか、
本物のネコにするのかなどの情報は入っていない。

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す