世界同一賃金導入へ!ユニクロ・GU柳井会長が決断!

◇世界同一賃金導入へ!ユニクロ・GU柳井会長が決断!◇

newshed

「!!日本人にはメリットはあるのか!?」

日本を代表する世界アパレル業界第3位の
ファーストリテイリング(ユニクロ・GU他)の
柳井正会長兼社長が『世界同一賃金』を
導入することに今非難が殺到している。

 

『世界同一賃金』とは、採用した店長候補や正社員、
役員の賃金体系を全世界で統一するものである。

 

肝心なのは、海外で採用したも店長候補や正社員も
日本国内と同じ基準で評価するため、
達成された成果が同じ場合、
賃金も同水準になる点だ。

 

中国のユニクロで働く20歳代の中国人女性店長は、
「本部からの要求は厳しいが、やりがいはある」と話した。

ダウンロード (48)

中国では月給6000元(約9万円)は、
周辺地域の最低賃金の約5倍で、
中国では十分に高給である。

 

「世界中で同じ仕事ならば同じ賃金にし、
 いつでも異動できるようにする。」

と語る、柳井正会長兼社長は
『世界同一賃金』をすでに、
役員や上級部長らに実施しており、
今後、店長まで広げる予定だ。

 

 

グローバル展開が進む中、
より優秀な海外人材を手に入れたい
考えが、この『世界同一賃金』に見える。

 

しかし、日本の正社員からしたら、
環境が異なる、新興国や欧米社員達と
働きぶりが比較評価され、
世界規模の競争をしないといけない。

 

『世界同一賃金』が非難される最大の理由は、
給与水準の全世界均一化が進むことにより、
新興国に比べ、比較的高い日本の給与が下がる
可能性もありうるからだ。

 

今後、グローバル展開する日本企業が、
『世界同一賃金』を取り入れていく場合、
世界規模で評価されるサラリーマンが増え、
現行の賃金水準が変る可能性は大いにある。

 


 

※ユニクロ単体での平均年収は下記の通り
平均年齢 : 29.7歳
平均年収 : 637万円
(年収ラボ調べ:http://nensyu-labo.com/)

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す