【速報】ボストンマラソンはテロなのか!!

◇【速報】ボストンマラソンはテロなのか!!◇

ダウンロード (32)

4月16日早朝、日本に衝撃的な速報が流れてきた。現地時間15日午後3時にアメリカ・ボストンで歴史あるマラソンの大会『ボストン・マラソン』が開催されているさなか、マラソンのゴール付近で2度にわたる大きな爆発が起こったのだ。

【米マサチューセッツ州ボストン】CNNによると、 爆発があったのはボストンマラソンのゴール付近。2回の大きな爆発が起き、マサチューセッツ州捜査当局は、分かっているだけで、8歳の少年を含む3人が死亡したと言っている。

 

ボストン・マラソンの2度の爆発により、日本時間で16日午前8時の段階では、
少なくとも3人が死亡、6人が重体、約90人が負傷したとされていたが、

最新情報によると、ボストン地元の病院では負傷者141人以上が手当てを受けており、少なくとも17人が重体だという。この爆発による被害者の中には子どもが8人以上含まれており、今後、情報が明らかになるにつれ、さらに負傷者の数は増えそうだ。

 

 

この爆発を受け、連邦当局は爆弾テロとみて調べている。

テロ専門家は、少なくとも10人が手や脚を爆発により切断されたと述べた。

 

 

  “実際の爆発映像”

詳細情報としては、ボストン・マラソンでの爆発が起こったのは、トップランナーのゴールから2時間ほどたったボストン現地時間の午後2時45分頃だ(日本時間16日午前3時45分)。コプリー広場で発生したとのこと。

ダウンロード (31)

爆発した二つの爆弾の間は約50~100メートルほど離れており、この二つの爆弾以外にも複数の不発弾が発見されているという。動画でもわかる通り、この爆発で、近くにいた人々が吹き飛ばされ、建物の窓ガラスが割れ、マラソンへの歓喜の声が一瞬にして悲鳴に変わった。

 

mori

 

悲惨な爆発現場に遭遇し、
「巨大な大砲のようだった。」と話す目撃者もいた。

 

 

この爆発を受け、アメリカ、オバマ大統領は緊急会見を開いた。
会見も中でオバマ大統領は、今回の事件を『テロ』と断定することはせず、
「事件を起こした者は相応の裁きを受けることになろう」
とコメントするにとどまった。
この事件を受け、アメリカの都市では重要施設や地下鉄などに警戒態勢が強化している。

ダウンロード (30)

 

 

現地では米連邦捜査局(FBI)と地方警察が引き続き調査をしており、
「テロ攻撃」とみていると伝えたが、実行犯が米国人か外国人かは不明だという。

 

今回のボストン・マラソンには日本人も271人が参加しているが、現在、在ボストン日本総領事館には日本人が負傷した情報などは入っていない。

世界情勢として、最近の北朝鮮などとの緊迫状態などからも、
犯人の特定がすむまで迂闊な言動を出来ないアメリカ。
一刻も早い犯人特定が望まれる。

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す