村上春樹 新刊発売!早くもレビュー!?

村上春樹 新刊発売!早くもレビュー!?
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』ダウンロwード

小説家の村上春樹が2013年4月12日本日、3年ぶりの新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』【Colourless Tsukuru Tazaki and the Year of his Pilgrimage】を発売した。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
【Colourless Tsukuru Tazaki and the Year of his Pilgrimage】

村上春樹ファンは3年ぶりの村上春樹の新刊と言うことで、既に注文が殺到しており、新刊は発売前から発行されている初版30万部に加え、発売までに既に50万部を発行している。

各書店では、本日発売の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を手に入れるために、深夜の段階で、一部店舗に長蛇の列を作った。

新刊を出すことで、長蛇の列を作ってしまうのは、世界的な人気作家「村上春樹」作品ならではの光景かもしれない。書店でも、キャンペーンが行われており、村上春樹新刊タワーを作って、本日の新刊購入ラッシュに備えていた。

 

村上春樹新刊タワー

ダウンロード (29)

 

村上春樹の長編小説は2010年4月の「1Q84 BOOK3」以来になる。

 

今回発売された村上春樹の新刊の内容は事前に一切明化されておらず、朝の情報番組スッキリ!ではタイトルにヒントが隠されているとのこと。タイトル 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の「多崎つくる」という男が主人公なのは間違いなさそうだ。

images (19)

 

村上春樹新刊【若干ネタばれレビュー】

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の編集委員である吉村千彰は今回の新刊について、多崎つくるによる「自らの人生をつかみ直そうとする男の物語。心の奥深く暗い部分に溜め込んだ喪失感や孤絶感を、乗り越えようとする力強さを描いている。」と語った。

これまで村上春樹の作品で書出しが印象的なものはいくつかあるが、新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の出だしは、「大学二年生の七月から、翌年の一月にかけて、多崎(たざき)つくるはほとんど死ぬことだけを考えて生きていた…」から始まる。

 

続きが気になる方は書店へ向かうことをお勧めする。

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す