小保方晴子の高校・大学・経歴は?リケジョのSTAP細胞で株が!?■画像■

連日連夜報道されているSTAP細胞のニュース。
もちろんSTAP細胞どんな細胞なのかということも
気になるんですけど、今一番気になるのは・・・

そのSTAP細胞を発見した、話題のリケジョ
小保方晴子さんのことじゃないでしょうか!!

女子力爆発のかわいい研究者として、
いま話題沸騰中の小保方晴子さん。
ノーベル賞とるのかしら・・・?

 

〔スポンサードリンク〕

小保方晴子の高校・大学・経歴・年齢・出身は?■画像■

 

■■小保方(おぼかた)晴子:プロフィール■■

小保方晴子

生年月日:1983年 (30歳)
出身地:千葉県松戸市
居住地:兵庫県神戸市
出身高校:東邦大学付属東邦高等学校(偏差値72)
出身大学:早稲田大学理工学部応用化学科
在学中部活動:ラクロス部 AT

 

出身大学院:
早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程
早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻博士課程

 

現研究機関:理化学研究所(細胞工学)
好きなもの:オシャレ(Vivienne Westwood)・ムーミン・ピンク色

 

実績:STAP細胞の発見

 

■STAP細胞の発見記者会見の様子■

 


 

 

小保方晴子さんすごいですね〜!!もうWikipediaもできてましたね。
→小保方晴子さんのWikipediaはこちら

 

世界初の発見ですからね。すでにノーベル賞有力という声も上がっているそうです。
日本では少ないリケジョのなかでも今後、更なる功績を期待される
小保方晴子さんですが、STAP細胞の発見までは相当苦労もされたようです。

 

「泣き明かした夜もあった・・・。」

 

そう語ったのは、2013年春のことを思い出してでしょう。
昨年春に小保方晴子さんは世界的に権威のある英科学誌『ネイチャー』論文を投稿したそうです。

 

しかし、帰ってきた返答は、予想だにしていなかった回答でした。
「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している。」

 

 

結構ひどいこと言われるんですね。
今では、世界が注目の発明ですから、そう酷評した編集者は大変ですね。笑
ちなみに、本日1月30日発売の『ネイチャー』に掲載されたそうです。

 

そんな誰も信じてくれない状況でも、必ずSTAP細胞は、
世の中のためになるはずと信じて研究を続けていた小保方晴子さん。

 

小保方晴子さんは、デートしていても何をしていても
STAP細胞のことばかり考えていたと語っていましたが、
今後さらに忙しくなっちゃうかもしれませんね。

彼氏もでもいたら、タジタジですね・・・w

 

 


 

■■STAP細胞とは??■■

step細胞

 

正式名称:刺激惹起性多能性獲得細胞
読み方:しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう

英名:Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells

英名の頭文字で「STAP細胞」なんですね。

 

まず簡単にするために万能細胞について知っておきましょうか。
万能細胞とは、あらゆる器官に変身することができる細胞のことです。

植物は最初から持っているんですけど、
動物では受精卵のみが万能細胞だと考えられていました。

 

万能細胞は損傷や病気になった臓器にも変身できるので、
ものすごいやつなんです。病気が怖くなくなるくらいのね。

 

そんな万能細胞を人間の力で遺伝子操作で作った得ることを発見したのが、
2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授でした。
これを「ips細胞」といいます。

 

■山中伸弥教授:画像■

山中伸弥教授

 

このips細胞は、もう人間への臨床試験まで済んでいるそうですが、
遺伝子導入をして万能細胞を作る過程で放射線を浴び、
発ガンリスクが高まる恐れがあったそうなんです。

 

そこで、小保方晴子さんが発見したのがSTAP細胞です。

 

STAP細胞を超簡単に説明すると、

「弱酸性溶液に動物細胞いれて刺激与えたら万能細胞になるよ」

って言っちゃった訳です。

 

小保方

 

それまで、遺伝子導入とか難しいことしてしかできないと思われてた
万能細胞の生成が、めっちゃ簡単になっちゃうのです。

 

すでにアメリカ:ハーバード大学が脊髄損傷を治療を猿に行う
実験を始めちゃいました。手が早いですね。

 

でも、そんな常識破りで地道な研究をした小保方晴子さんはやはりスゴいひとですね。

 

 

小保方晴子さんリケジョのSTAP細胞で株が!?

 

実は、理化学研究所の「STAP細胞」のニュースが発表されてから、
バイオ関連株が上昇しているそうです。

 

株トレーダー大忙しです。
新日本科学(臨床試験受託大手)・タカラバイオ等の株も軒並み上昇。

 

STAP細胞の発見で株が上がったのは小保方晴子さんだけではなかったんですね。
残念なことにips細胞関連の株は下落してしまったそうです。

 

新しい研究の先には、いろんな出来事が待ってますね。
これからも小保方晴子さんとSTAP細胞から目が離せません!!

〔スポンサードリンク〕

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す