本田圭佑ACミラン移籍決定か??バルサ断り、27日にデビュー戦!?

サッカー日本代表、本田圭佑選手の
ACミラン移籍話が、佳境を迎えている。

「12月に出ていくことは確か…。」

この言葉通り、契約切れ後の移籍なのか?
それとも、今年の夏中にACミラン移籍なのか??


本田圭佑ACミラン移籍決定か??

 

本田 ミラン

 

22日、イタリア各紙は、
サッカー日本代表本田圭佑選手(27)
ACミラン移籍が決定したと報じた。

 

本田選手のACミラン移籍が、
現実のものとなってきている。

同日、CSKAモスクワのロマン・ババエフ(ゼネラルマネジャー)は、
本田選手のACミラン移籍について、こう語っている。

 

「イングランドのクラブからも
オファーがあり、ミランもそれを把握している。
本田はミランでのプレーを望んでいるね。
それは彼の夢であり、我々はそれを尊重するよ」

(※スポーツエクスプレス:ロシア)

 

本田選手の移籍はミラン次第であると言うことだろう。

 

やはり、問題は移籍金のようだ。CSKAモスクワ側は、
本田選手の意思を尊重し、ACミランが移籍金を準備すれば、
すぐにでも、取引成立を示唆している。

 

しかし、この移籍金の準備の話は、
メディアによって話が分かれているのが現状だ。

 

22日、ロシアメディアでは、本田選手のコメントを報道した。

 

「CSKAを尊重する。CSKAがオファーを断れば、
残留することになるが、12月に出ていくことは確か。
契約書にサインするまで、ACミランについて話すのは早すぎる」

 

もはや、本田選手自身が、
「ACミラン移籍が決定した。」
と言っているようなものである。

 

 

もはや、現時点での問題は、

「夏に移籍金を払いミランへ移籍するのか。」
「12月冬、CSKAモスクワとの契約切れまで待つのか。」

という、2パターンのどちらなのかだ。

 

 

 

バルサ断り、27日にデビュー戦!?

 

22日、イタリア紙では、移籍金5億2000万円で、
CSKAモスクワとACミランが合意したと報じている。

miran

つまり、イタリアでは、夏中、それも今週中に、
“ACミラン本田圭佑”が誕生すると言っているのだ。

 

本田圭佑

 

CSKAモスクワの提示する移籍金は
400万ユーロ(5億2000万円)

 

ACミランが希望する移籍金は
200万ユーロ(2億6000万円)

 

 

この差を埋めるための交渉が、
本田圭佑選手の実兄:本田弘幸氏、
ミラン側の移籍交渉人、
CSKAモスクワGMのロマン・ババエフ
とで行われ、スポンサー企業の協力により、
ミランが移籍金についてのしこりを取り除き合意に至った。

 

 

22日には、ミラノ市内で本田選手の代理人と、
ACミランのガリアーニCEOの会談が行われ、
本田選手のACミラン移籍後の年俸も決まったと伝えられている。

 

会談に臨んだ代理人は、

「本田はACミランだけを見ている。
バルセロナからのオファーさえ断った。」

と語り、本田選手のACミランでの年棒は
250万ユーロ(約3億2000万円)と明かした。

 

 

本日にも、本田選手側から、
CSKAモスクワのギネル会長に承認を申請する。

 

これらの工程が、スムーズに行われれば、
今週中にも“ACミラン本田圭佑”が誕生し、
早ければ7月27日、ACミランVSバレンシア戦でデビューとなる。

 

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す