The Cuckoo’s Calling(ザ・クッキーズ・ コーリング)J・K・ローリング新作!!ハリーポッターの次は推理小説!!

世界大ヒットのファンタジー小説
『ハリー・ポッター』の著者
J・K・ローリング(47)が新作を発表した。

 

The Cuckoo’s Calling(ザ・クッキーズ・ コーリング)
とはどんな小説なのだろう…?


J・K・ローリング新作!!ハリーポッターの次は推理小説!!

 

ロバート・ガルブレイス

J・K・ローリング…

英語名:J.K. Rowling
本名:Joanne Rowling(ジョアン・ローリング)
生年月日:1965年7月31日

 

著書:『ハリー・ポッター』シリーズ
『ハリー・ポッターと賢者の石』
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
『ハリー・ポッターと死の秘宝』

 

2012年9月27日
『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』
・・・イギリス郊外の町を舞台とした大人向け長編小説。

 

 

ご存知『ハリー・ポッター』シリーズは世界的大ヒットとなり、
映画化され、シリーズ超大作として、ファンタジー映画の歴史に刻まれた。
J・K・ローリングは『ハリー・ポッター』の功績から英国勲功章を受章。
J・K・ローリングが本によって稼ぎだした現在の資産は、
5億6000万£(日本円:約840億円)と言われている。

 

ロバート・ガルブレイス

 

 

 

7月14日、英紙サンデー・タイムズがあることを報じた。

 

それは、『ハリー・ポッター』の作者J・K・ローリングが、
秘密裏に、新しい小説を出版していたという事実だ。

 

どうやら、J・K・ローリングは自身の名前を隠し、
男性名「ロバート・ガルブレイス」を名乗り、
ロバート・ガルブレイスの処女作として、
新作となる『The Cuckoo’s Calling』
(ザ・クッキーズ・ コーリング)を出版した。

 

 

同日14日には、英紙サンデー・タイムズのニュースを受け、
J・K・ローリングは声明をだした。

 

 

宣伝なしで別名で出版し、
出版業者や読者の反応を得るのは嬉しかった。

 

どうやらJ・K・ローリングは、もう一度
無名の状態で自身の本を出版したかったらしい。
声明では「もう少し長く秘密にしていたかった」
とも語り、事の発覚がJ・K・ローリングが思っていたよりも
だいぶ早かったことことを少し残念がって見せた。

 

The Cuckoo’s Callingのあらすじは?

 

英紙サンデー・タイムズが、The Cuckoo’s Calling
(ザ・クッキーズ・ コーリング)をJ・K・ローリングの作品だと見破った発端は、
ロバート・ガルブレイスという無名作家の処女作にしては、完成度・評論家の評価
共に圧倒的な高さを持っていたかららしい。

 

 

日本同様、非常に評価を得た本は著者も有名になる。
英紙サンデー・タイムズがロバート・ガルブレイスを
調べ始めた時に、出版社・編集者からJ・K・ローリングに
たどり着いたと言う。

 

 

The Cuckoo’s Calling…

探偵推理小説

あらすじ:退役軍人の私立探偵が、
変死したモデルの調査を依頼され捜査をするという話。

 

 

ピックアップ記事

広告

Twitter

コメントを残す